今週で最後なんだな

最後の週です。

今週で退職します。

もう7年働きましたね。

いろんなことがありました。

厄年も挟んで、本当に大変だったな。

楽しかったのかな?

楽しくは無かったな。

大きな会社で、ベネフィットが良いし、きょうしろうママが安心するから、続けて働いていたような気がする。

好きで働いていたのかな?

違うだろうな。

別世界だもんな。

いまだに自分はアウェイだとひしひしと感じる。

文句があるなら、嫌なら辞めたらよかったのに・・・・本当にそうです。

僕は3年前には辞めたほうが良かったんだろうね。

今ではそう思います。

別に隠すこともないので、ここに書きますが、この会社に勤めて、7年、参加した飲み会は多分2、3回のみです。

たったの2、3回?

そう思われるかもしれませんね。でもね、これでもイヤイヤ参加した会も含まれるんですよ。

もう、根本的に生理的に会社が嫌いだったんでしょうね。

飲み会に参加するぐらいなら、参加しないで後から受ける嫌味、嫌がらせ行為を受けた方がまだマシだったんですね。

例えばこうです。

大きな会社あるあるでしょうが、とにかく従業員が病気になって休みます。

休み倒します。

傷病手当と有給手当がまるで同じになっています。病欠と有給が同じなんです。

どう思いますか?

本当にミラクル・ハイパー・スーパー・テケテケ・ムカつきます。

絶対に嘘だろうな・・・という休みが多すぎます。

会社はお給料を保証しなければなりません。

はっきり言って、病気になったもん勝ちなんです。

僕みたいに6年、7年病欠無しの人間なんて、はっきり言って

馬鹿

なんですよ。馬鹿。

僕が本当の意味でお酒を飲まない、毛嫌いするようになったのも、この会社に入ってからです。

上のように、僕の会社では、ズル休みする奴、病気になる奴の95%が酒飲みなんです。

今の仕事場は毎年少なくとも人件費で2万ドルから3万ドル損をしているんですが、

その損益は酒飲みが仕事に来ないことから来ているんです。

誰かが病気になって、仕事にこない事になると、他の誰かは休みを返上して、そのシフトをカバーしなければなりません。

基本、従業員がその総労働時間が40時間を超えた場合、会社は超えた時間に対して、1.25倍の時給を払わねばなりません。

大損なんですね。病欠が出ると。

病欠手当、超過労働手当・・・ダブルペイ以上です。

だから僕は会社に聞かれたんです。入社前に。

”あなたは飲酒行為をしますか?”って

ちなみに最低2回、多分3回は聞かれました。

人事部も含めて、会社も分かっているんですよ。

飲酒が最大の敵だって。

でも会社はホスピタリティーの会社です。

酒をバンバン売って儲けるのがお仕事です。

大きな矛盾です。

従業員にお酒を飲むなって言えないんですよね。

飲酒が最悪な反会社的行為って言えるはずがないんですよ

事実です。

向き合わないといけないんですよ。一人一人が。

僕は勇気を出して、お酒をビジネスの内側に入れないようにと何度も進言しましたが、聞き入れられることはありませんでした。

当たり前か・・・

でも誰かが闘わないと。

真面目な人が馬鹿を見るっていう典型になっているんですよね。

あとこんなこともありました。

最低でも3回、時と場所を違くして、性行為が行われました。

その3回とも会社からミーティングが開かれませんでした。

愕然としました。

やっていいことと悪いことがあります。

犯罪行為を隠蔽することは、その犯罪を手助けすることと同じことです。

このことが会社嫌いに拍車をかけたんですね。

本当に嫌な思い出だったなあ。

誰とも深く関わらないようにしたので、出世は本当に出来なかったけれど、

いいんです。別に。

日本の友達に指差して笑われないように・・・といつも思います。

僕は別に正しくは無いかもしれないけれど、ゼッタイに悪い人間ではないと証明できたと思います。

ああ、悪口が止まんないな

事実だから悪口では無いか・・・

寝ます。おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA