2020年12月3日の日記

今日は朝から雨でした。

きょうしろうママと一緒にきょうしろう君をプリスクールに連れていき、魚屋さんと八百屋さんで仕入れをし、きょうしろうママの仕事場へ行きました。

その後、久しぶりにジムに行きました。

当然、会員ではないので、少し高めの16ドルを払って入店し、2時間強、トレーニングをしました。

はっきり言って、暇潰しの要素が強かったです。ニューメニュー作り、考案にも煮詰まっているので、リフレッシュが必要でした。

ニューメニューどうしましようね?

朝のダイエット日記にも書いたのですが、昨日はまだ行ったことのない居酒屋に行ってきました。

本当はそのお店に行くつもりはなかったんですが、お目当てのお店が閉店、(多分臨時休業)していて入れなかったので、そのお店にしました。新しく働くお店の人事マネージャーもそのお店が良いと言っていたのを思い出したのです。

まず、子供用にお寿司を頼みました。

(ごめんなさい、画像無し、とてもカラフルなお寿司でした。いかにも海外の日本食!!て感じでした。美味しい、美味しくないではなくて、ああいった形のお寿司はやりたくないな)

そして大人はこちら

お刺身のクルード(crudo), クルードって何処のお料理かな?と思って調べたらイタリアのお料理ですね。

結構なお値段だったのですが、内容は小さく切りつけたタイのお刺身が5切れ、そしてソースですね。

味は普通以上ですが、お値段とのバランスが良くない、僕が仕入れ値などの処事情を把握しているからそう感じるのかな?

いくら良いタイを仕入れていたって、これで20ドル(正確には覚えていない)くらいだったかな?  高いわ

鳥の南蛮漬け

大振りのチキン南蛮ですね。美味しかったです。どの料理にも通じているのが、フュージョンを意識していて、ソースも直球ではなく、変化球が多かったですね。これもお値段が高かったです。

シティー中心部の大きな店舗なので、お値段が高いのはしょうがないのかな?

サーモンのステーキ

これはかぼちゃのピューレが下にあって、サーモンソテーが乗っています。

そしてお米のクラッカーが添えてあります。

これは美味しくなかったです。ドライなサーモンに、結構ドライ側のかぼちゃのピューレは会いませんでした。サーモンの照り焼きは何処でも食べれるので、板前さんの反骨心と探究心がこれを作らせんたんでしょうね。海外の日本食では本当にチャレンジです。チャレンジは良いんですが、フュージョンを通り越して洋食でした。

ナイストライにはならなかったですね。辛口でごめんなさい。

僕も気をつけよう。

これは鳥の唐揚げです。

昔食べたポンポン菓子?のようなものが外側についています。正確には分かりません。ごめんなさい。

変化球ですね。でもとても美味しかったです。

ソースはタルタルソースのちょっとユルい版みたいな感じで、僕はこの唐揚げには合わないと思いました。

唐揚げ自体がとても美味しかったので、少し残念でしたが、僕個人の好みもあるし、なんとも言えないですね。

他にもサーモンタタキ、デザート二種を注文しましたが、写真もないし、内容も良くなかったので、割愛します。

全体的にフュージョンのお店でした。

また、その方が売れるんでしょう。

僕のやりたい方向ではありませんでしたが、全体的に美味しかったし、お値段は結構高めでしたが、半年に一度くらいは訪れるのも悪くないと思いました。

あの唐揚げだけが目当てで伺いたいです。

さあ、自分の番がやって来た

何をどう表現する?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA