きょうしろう君、モデルデビューと親としての心配事

こんにちは、こんばんは

隣の家の住人が、ウェブサイトで子供衣服を売っているそうです。

理由はよく分かりませんが、きょうしろう君にモデルのオファーを頂きました。

記念なのでブログ記事にしたいと思います。

今日のブログは全く内容がないものになります。

申し訳ございません。

親バカだなあ

あと、子育てについて相談に乗ってくれる心優しい方がいらっしゃれば、コメント欄や、メッセージでお知らせください

切にお待ちしております。’

では本人の紹介から

きょうしろう

ニュージーランド生まれのニュージーランド育ち

日本との二重国籍、移民二世

両親ともに日本人

ウェブに乗っている写真はまだ頂いていないので、携帯写真からでごめんなさい

男の子なのに、背中まであるロン毛なのが理由の一つでしょうか?

シーク教徒ではなく、アジア人の男の子で、背中まであるロン毛は珍しいです。

女の子にしか見えませんね

きょうしろう君はあまり喋りません。ゆえに話し言葉の上達が遅いです。

4歳を超えたあたりからですが、やっと話し方が上手になってきました。

それでも他の子供たちと比較すると余り喋りません。

比較する事はよくない事だと重々承知していますが、親としては心配で心配で仕方ありません。

今4歳半で、話す方の能力は3歳児並みです。

日本語と英語など、二つ、二つ以上の言語で育っている家庭の子供には良くある事らしいのですが、後4ヶ月後には、イヤーゼロと呼ばれる小学校に入る子供が通う小学予備訓練学校が始まります。

小学校本入学は一年後の2月です。

勉強についていける語学力がもっともっと必要ですね。

息子の学校の成績は余り気にしませんが、幼少期に成功体験を経験させてあげるのは、親の義務だと思っています。逆に言えばコンプレックスになってしまうような、負の体験をある程度避ける努力をするのも親の務めだと思います。

あまりに言語能力が低いと感じた場合、学校に相談して小学本入学を一年遅らせようかと迷っています。

ニュージーランドは義務教育はありません。

小学校にすら行かなくても良いのです。

そこは親の責任に任されています。

なので、言語能力の発達の遅い子供の入学を一年、二年遅らせる事は容易だと思います。

ただ、親としては遅れて入学させるのは辛いですね。

世間体をどうのこうのではなく、自分の遺伝子や生まれてからの教育が子供の成長に悪い影響を与えたんじゃないかと思ってしましまいます。

他の子供に暴力を振るったり、順番が待てなかったりはしません。

話し言葉だけがネックになっています。

悪いことだけしなければあとは本人任せにしようと思っています。

べつに日本語を学んでほしいとも余り思っていません。

移民二世によるテロ事件が僕に色々影響を与えました。

生まれて育った国を1番に愛してほしいです。

日本国は2番目に愛してほしいです。

自慢のロン毛は小学校入学前に、乳がん患者にプレゼントできればいいなと思います。

では、ウェブ用の写真が出来上がったら、この記事はリライトしますね

最後まで読んでくださり、ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA