足るを知ること ミニマリストであり続けるための再確認

こんにちは、こんばんは

先日青木真也さんの本について記事を書きました。

その時に本を読み返したのですが、以前は当たり前だった

足るを知るということ

この言葉を改めて読み直して、気付かされることが多かったので、ここにまとめてみようと思います。

その時の記事はこちら

青木真也さんの本は好きですか?

この記事はこんな可哀想なへちゃむくれが書いています。

bokupapaです
bokupapaです

ミニマリスト歴2年以上

顔の偏差値が低すぎて海外に逃亡しました 

どうせ似合わないのでスーツを捨てました

どうせ何を着ても似合わないので私服を制服化しました

どうせ何を履いても一緒なので、つい最近まで普段靴を持っていませんでした              

どうせモテないのでおパンツも黒一色です

どうせ誰からも話しかけられないので靴下は黒一色です

どうせ友達がいないのでバイクに乗っています

どうせ・・・・・・・・・・・・

(他のミニマリストが読むと怒るだろうな笑)              

足るを知るということ

では、まず自分が何を持っているか書き出してみましょう

  • お嫁さん 関西人
  • 息子   外人
  • お仕事  料理人
  • 包丁七本(ずいぶん減らしました)
  • 砥石たくさん
  • 仕事道具その他
  • お料理の本たくさん
  • iPhone SE2
  • MacBook Air
  • 車1台(嫁さん名義)
  • バイク1台 SR500
  • バイク用品
  • ズボン3本
  • 半ズボン1本
  • アウター2着
  • おしゃれカッパ1着
  • おしゃれジャケット1着
  • T-シャツ沢山(寝巻き、仕事着兼用)
  • 靴     ランニング2足、バイク1足、ランニングサンダル1足、普段靴1足
  • 靴下 
  • おパンツ 
  • 時計4本
  • ランニング道具
  • レスリング道具
  • ・・・・・・・

こうして書き出して見てみると

なんだ、全部持っているじゃん・・・・

そうです、僕は 必要なものは全部持っている のです。

じゃあ、何が不満なの? 自問自答してみましょう

そうなんですよ!

何が不満なの?

何に不安なの?

何に怯えているの?

僕はなんで”次の物”、”他の物”が欲しいのでしょうか?

bokupapaです
bokupapaです

自問自答してみましょう              

自分で自分の意識や考えを深掘るのです

  • 誰かの所有している物と自分の物を比べていませんか?
  • 誰かの社会的地位と自分の地位を比べて嫉妬していませんか?
  • 自分の無能力を物や他人のせいにしていませんか?
  • 自分の足を引っ張っているのは自分自身だと気づいているのに、気づいていないフリをしていませんか?
  • 自分の今の現状の言い訳を探しているんじゃないですか?

もう一度青木真也さんのお言葉を読んでみましょう

欲望が散らかっている人間は、永遠に何も手にすることができない

空気をよんではいけない より抜粋

僕はすでに全てを手に入れているのです。

十分な価値のあるモノを手に入れているのです。

過不足ない、誰に対しても引け目を感じる必要のない、決して見窄らしくない、立派なモノたちです。

僕の人生を豊かにするのに十分なモノたちです。

もちろんひとつひとつの物は、年月の経過によって劣化や好みが変わったりします。

そうなればその時に、ミニマリスらしくお値段なんか気にせずに、気に入ったものを手に入れて、古いものを処分すればいいのです。

僕は胸を張って、今の所有しているものを使い続ければ良いのです。

僕はすでに全てを手に入れているのです。

まとめ

物欲に時間をとられて平気なのはいけません

私欲に時間を取られたらいけません

新しく欲しいものは僕の人生を豊かにするものでしょうか?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

明日、宝くじ買おうっと・・・

2 COMMENTS

ロク

papaさん、こんにちは😃
のっけから面白いです🤣そして、ハッとさせられる!!
足を知るという事がミニマリストになって体験出来る一番大切な事かもしれませんね👍
ありがとうございました😊

返信する
bokupapa

ロクさん、コメントありがとうございます😊

ロクさんの週3回のYouTube更新に負けないように
ミニマリスト道とブログ道に邁進していきたいです

今後ともよろしくお願いします

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA