バイク事故で半身不随② その後

こんにちは、こんばんは

この記事はこんなイケメンライダーが書いています

bokupapaです
bokupapaです

bokupapaです

  • 44歳 海外在住22年です
  • 18歳でバイクに乗り始めました。車両はSR400でした
  • 19歳で限定解除を12回!!目の試験で合格しました
  • 20歳から海外生活のためバイクを降りました
  • 36?7歳くらいでリターンライダーになりました
  • 現在の愛車はSR500です。
    SRしか所有したことがありません😁

以前こんな記事を書きました。

僕にとっては複雑な気持ちですが、このブログで最も読まれている記事の一つです

バイク事故で半身不随

Pくんのバイク事故

この事件、事故から一年経って色々と分かってきたことがあるので、おさらいしようと思います。

Pくんの残念な事故
  • 誰が
    • Pくん 30代前半 男性 
  • いつ
    • ちょうど一年前、夜間走行中。
  • どこで
    • 高速道路で
  • どうやって
    • 走行中に車に当て逃げされた
  • 車両
    • 日本製の250CC、比較的新しいモデル
  • 現在の状況
    • 車椅子
    • 家族あり、赤ちゃんあり
    • 労働ビザ、永住ビザなし

考えれば考えるほどいたたまれません

この事故があってから、妻からの風当たりが強くなったのは前の記事で書きました
一年が経った今でもバイクを降りて欲しいそうです

妻の気持ちもわかります

今回のこの事故は当て逃げです

Pくんが100%の注意を払っていても避けられなかった可能性が高い事故です

悪いのは人間、バイクが悪いわけじゃない

悪いのは人間、バイクが悪いわけじゃない・・・・以前はそう考えていました

今でもその考えを持っています。

ですが流石に今回は文句を言ってくる妻に何も言えません。

もし同じ事が今の僕の身に起きたらどうしよう?と考えます。

事故に遭い、足を失い、手を失い、職を失い、自分で下の世話もできなくなり、家族に迷惑をかける、家族そのものを失う覚悟が僕にはあるのか?

死ぬ覚悟はあるのか?

あるわけないです

そんなもん、有るわけがない

僕にできる事、バイクで事故に合わないために

バイクに乗ろうが、車を運転しようが、ランニングをしようが、事故には遭うでしょう

バイクを降りることができないのであれば、どうすれば事故にあいにくいかを考えた方が良いです

  1. 走行位置 キープレフトしない
    • 道路の真ん中を走る、小さい車両だからって遠慮しない、堂々と真ん中を走る
  2. すり抜けしない
    • 無意味なすり抜け、追い越しをしない。どんなにスピードを出して、危険走行に及んでも最終的に到達時間は大して変わらない。
  3. 目線
    • バイクに乗ると視野が極端に狭くなり、目線も下になりがちになる。常に遠くをみる訓練をする
  4. 車間距離 40mが理想
    • 難しいかもしれないが車間距離は長ければ長い方が良い
  5. 10分早起きをする
    • ほとんどの問題は10分早く起きることで解決すると思います。忘れ物の確認、トイレ、不慮の渋滞などなど
  6. 整備、洗車をこまめに行う
    • 整備自体はプロに任せた方が良いですが、洗車をこまめにすることで故障や不具合が減ります。科学的に説明はできませんが、物にも愛情は伝わるものです。事実として洗車をこまめにしている人のバイクは壊れにくいです。洗車して注油、対して時間はかかりません。

それでもバイクが悪いんじゃない、悪いのは人間なんだ

今回のPくんの事故、Pくんに過失はありません

それでも言わせてください

バイクが悪いんじゃない、悪いのは人間なんだ

最後まで読んでいただいてありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA